作品紹介

HOME > 作品紹介 > No.1

必要十分を備えたコンパクトハウス

  • 外観
  • リビングと連続するウッドデッキ。テーブルやイスも余裕で置ける広さ
  • 数字以上に広がりを感じる1階フロア。無垢フローリングは木目を感じる“うづくり仕上げ”で素足に心地よい
  • キッチンほかインテリアはシンプルな白で統一
  • 季節用品や子どもの遊具など、たっぷり収納できる小屋裏収納付き
  • 玄関。小窓のあるシューズボックスの上や壁面には飾るスペースも

26.5坪という小さな木の家の中に、大きな豊かさをギュッと詰め込みました。

「まず驚かされるのは、開放感です。」1階は無垢フローリングが心地よい広々としたリビングと対面キッチン。窓の外にはワイドなウッドデッキが備えられ、まるでリビングがそのまま伸びたかのような空間の広がりを感じさせます。2階にはウォークインクローゼット付きの洋室と広いフリースペース、室内干しに便利なサンルーム、小屋裏収納を設置。つくりこみ過ぎないシンプルさと、家族の成長やライフスタイルに合わせてフレキシブルに使える自由度の高さがポイントです。いわば、不自由を感じない最小サイズの家。漠然と30坪は欲しいと思って見学に来た方も、『坪数より広く見えるね』『わが家はこれくらいで十分』とおっしゃいます。

もうひとつのポイントは性能面。弊社では十年以上前から断熱材に羊毛素材のサーモウールを標準採用しており、断熱性と調湿性能に優れたサーモウールと壁の通気クロスによって「呼吸する壁」を実現しました。これにより、壁体内結露を防いで一年中快適な温度・湿度で暮らすことができます。また、断熱・気密を大きく左右する窓は、省エネ等級4のLow-E高性能樹脂サッシを採用。1階リビング以外は全窓すべり出しタイプとし、性能だけでなくデザイン的な美しさにもこだわりました。

広さを優先して仕様を落とすより、良いものを使って小さくとも快適な住まいを提供したい。20~30代の若いファミリーにも手の届く家をつくりたい。そんなエコビレッジ・プラスの家づくりに対する想いが、この小さなモデルハウスに具現化されています。

■建築データ
■設計・施工/(株)エコビレッジ・プラス
構造規模/木造(在来工法)・2階建て
延床面積/87.60m²(約26坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/ニチハ 大壁工法 ジョリパット吹付、建具/玄関ドア:YKK AP ヴェナート 断熱ドア、窓:YKK AP APW330 樹脂サッシ
<主な内部仕上げ> 床/ウッドワン ピノアース、壁・天井/通気クロス
<断熱仕様 充填断熱> 床下/スタイロフォーム65mm、壁/サーモウール110mm、天井/ロックウール
<暖房方式> エアコン

PAGETOP