作品紹介

HOME > 作品紹介 > No.9

高い吹き抜けの明るいLDK ライフステージを考えた家

  • 白とグレーのシンプルな外観。片流れ屋根には日本瓦をのせた。
  • 太い梁と無垢材の床が美しいリビング。キッチンカウンターの下は収納になっており、茶器や食事の際に良く使う食器などを収納。
  • ベージュとブラウンの琉球畳を市松模様に敷いた畳コーナーは腰掛けることもでき、いろいろな使い方ができる。奥様が稼ぐ時に購入した古い足踏みミシンもステキなインテリア。
  • 廊下の階段下スペースを飼い猫のトイレとエサ置き場にした。
  • リビング以外の各居室の壁面は白を基調としているが、1面だけ違うクロスを張っている。寝室はピンクが好きなお母様に合わせたコーディネート。
  • 将来車いすの生活になっても対応できるように広々とした脱衣所と浴室。トイレも廊下も広くとっている。

築40年近い家は、床がへこみ、水回りも老巧化。リフォームも考えましたが「老後を気持ちの良い家で暮らして欲しい」という娘さんの思いもあり、新築することになりました。以前から朝日サリイの読者だったS様。このユーザー紹介で多くの家を見て、木の家の良さを実感し、エコ・ビレッジを選んだそうです。

夫婦が1階で生活のすべてができるように、LDK、水回り、寝室の間取り。2階は長女の部屋と小屋裏となっています。高い吹き抜けのあるLDKはとても明るく、畳コーナーを設けました。かつては日当りが悪く寒いキッチンで過ごしていた母が快適に過ごせるようにと、ヒーター付き掘りごたつを設置しました。キッチンからカウンター越しにスムーズに料理を運ぶことが出来るのもお気に入り。畳コーナーの下は収納になっています。

「エコ・ビレッジさんは、私たちの要望を一つひとつ形にしてくださり、本当に居心地の良い家になりました」家族はもちろん、ペットの猫ちゃんも新居に大満足のご様子でした。

PAGETOP