作品紹介

HOME > 作品紹介 > No.11

使い勝手を重視した間取りと収納の家

  • 白と茶のコントラストが映えるシンプルな外観
  • 明るく開放感のあるリビング。リビング階段下の子供が喜ぶ隠れ家あり
  • キッチンはそのまま食品庫とも繋がっていて家事動線も抜群
  • IHクッキングヒーターを採用した対面式キッチンは、リビングで遊ぶお子さんにも目が行き届き、家族との会話も弾む
  • 固定階段付き小屋裏収納。普段使わない物は小屋裏収納にストックし、居室をスッキリきれいに
  • 天井には格天井と上品な和の雰囲気に
  • 洗面脱衣所。床はタイルを敷いたようなクッションフロアに
  • すっきりとシンプルに仕上げた玄関

適材適所で豊富に収納を設け、暮らしやすい家事動線を盛り込んだK様宅。

南側の大きな掃き出し窓から光がたっぷりと入り、明るく開放的な雰囲気のリビングは一番心地良い空間に。また、キッチンを中心とした家事エリアは奥様のお気に入り。リビング、ダイニングに視線が届き、小さなお子様の様子もうかがえます。さらに、キッチン横には大容量のパントリースペースも設定しました。

内装のイメージはナチュラルで無垢材を使うこと。K様の選んだ床材はサクラの無垢材。ほんのりと桜色の室内に、家族の写真や可愛い小物を飾るニッチ、キッチンカウンター、階段下のオープン収納。生活が楽しくなる数々の造作は美しさと機能性にあふれています。
和室の仕上げに選んだのは格天井。洋風の家に純和風の一室は、異なる性質ながらも見事に調和しています。

木の香りに包まれ、K様ご家族みなさまの笑顔が目に浮かぶ、美しい木の家が出来上がりました。

PAGETOP