インタビュー

HOME > 声 > お客様の声 Sさん

インタビューメイン写真
Sさんと初めて会ったのは錦の見学会だったと思うのですが、家を建てようと思ったきっかけは何ですか?
奥 様 ー最初は兄たちが家を建てるのにハウジングプラザに行くから「一緒に行ってみるか?」から入って。
ご主人 ー 遊びがてらにね。
奥 様 ー将来的には建てよう、くらいの気持ちで行ったのだけど、それがきっかけで色々調べるようになって・・・。
ご主人 ー 5年後位の感じで考えてて・・・。
奥 様 ーきっかけはそこだよね。そこで色々調べるようになって・・・。
計画が現実的になっていったんですね。
ご主人 ー そもそも建てるつもりではいたんです。自分が一軒家にしか住んだことがなかったので、アパートという気持ちはあまりなくて。
それでまず土地探しからスタートしたんですよね。
ご主人 ー 土地を探してて。まずはハウジングプラザに行ってみました。先輩から「エコ・ビレッジいいよ」って話は聞いてたけど、最初にハウジングプラザに行った時はエコ・ビレッジには入らずに、他のメーカーの展示場を見ました。エコ・ビレッジは敷居が高い感じがありますよね。構えが大きくて。名前も大々的には聞いたことがなかったので、「どんなところなんだろう?」って思いながら前を通り過ぎる感じで。
その後別の先輩からも「エコ・ビレッジいいよ」って聞いて、それで行ってみました。
展示場でチラシをもらって初めて見学会に行きましたね。
奥 様 ーあれは忘れもしない雨の日で。
ご主人 ー そう、すごいぐちゃぐちゃで。
奥 様 ー何も知らなくて、おうちなんか建てるかどうかもわからなくて行ったのに、車を降りた瞬間からエコ・ビレッジの人がみんな親切で、次から次と傘差し出されて。
ご主人 ー そんなに傘渡されてもっていう感じで(笑)
奥 様 ーどうしよう、どうしようって(笑)
そうだったんですね(笑)
奥 様 ー親切すぎてね。他のところは「どうせ冷やかしで見に来てるだけだろ」みたいな感じなのに、エコ・ビレッジはみんな親切でね。そこで待ち構えていたのが佐藤さんだったんだよね。
ご主人 ー 関さんと佐藤さんがいてね。
インタビュー写真
それから一緒に土地を探して。小名浜方面でずっと探していましたけど、最終的にはSさんがここの情報を見つけて。
今だから聞けるのですが、「土地が見つかりました!」って電話をもらいましたよね。
なぜ、他のメーカーもある中で私に連絡をくれたのかな、と思いまして。
ご主人 ー あ~、でもその時はもうエコ・ビレッジでいくっていう考えだったので。
奥 様 ーそうなの?自分で決めてたんだ?
ご主人 ー そう。だから電話したんだよ。結局、土地の情報を頻繁に持ってきてくれた所がエコ・ビレッジしかなくて。
奥 様 ー他にもいたんですけど、佐藤さんほどあんなに沢山の資料を持ってきた人はいなくて。
一回くらい来て何もなかったらもう来なかったよね。佐藤さんが一生懸命やってくれたから。
ー ありがとうございます。その時は「何で?」って聞けないので、今日聞こうかなと思いまして・・・(笑)
奥 様 ーそうだね、何も考えないで連絡したんだよね。他に連絡してないでしょ?
ご主人 ー 他にはどこもしなかったね。
もう一つ聞きたいことがあるのですが、お見積りを提出させていただいた打合せの時に「二人にしてもらっていいですか?」という場面がありましたよね?その時は?
奥 様 ー今後自分たちがちゃんとやっていけるかなって・・・。一回二人きりで話したくて。
ご主人 ー なんか、目の前にして「どうする?どうする?」って悩むのも悪いな~、と思って二人で話したくて。
奥 様 ーエコ・ビレッジで本当にいいのか?とか金額は大丈夫か?とか。
まぁ、エコ・ビレッジ以外では考えてはいなかったけど、最後にちゃんとね。
ご主人 ー うん。
奥 様 ー不安だったんだよね、全てが。
ご主人 ー 住宅ローンの期間も他のローンに比べれば長いしね・・・・
奥 様 ーでも、あそこまでいったら迷いは無かったでしょ?
ご主人 ー うん、そうだね。
インタビュー写真
次に工事中のことについてお聞きしたいのですが。
ご主人 ー その前に、土地を探してた時に、少し連絡が少なくなったのって憶えています?
その時ってエコ・ビレッジでこういう家(現在住んでいるような家)が建つイメージがなかったんです。それで一回ふりだしに戻そうみたいな。
奥 様 ー佐藤さんはすごく良かったんだけど、エコ・ビレッジでこういう家が建つのかなっていう。
言いづらいところだったんだよね。見学会全部行ったけど・・・。
ご主人 ー 見学会に何回も行ったけど、シンプルでナチュラルな家が多い気がしたので・・・。
奥 様 ー断熱材もいいし、佐藤さんもいいし、そもそもみんな優しいのに、エコ・ビレッジでこういう家はつくれるのかな?っていう。わかる?
ご主人 ー こういう雰囲気の家が建つイメージがなくて。エコ・ビレッジだと和風がメインでナチュラルな南欧風とかなのかなっていう感じで。
こういう暗いダーク系のモダンな感じがつくれるのかなって。
奥 様 ーそこですごく悩んだよね。何もわからなかったから。もう決まっているのかと思ったんだよね。
エコ・ビレッジではこういう家はつくってくれないのかな?わからないな~って。
ご主人 ー 聞くに聞けなくて、見学会で察しようみたいなところがあるじゃないですか。
奥 様 ーで、ある時唐突にイメージの写真を持って行ったんだよね。こういう家は出来ますか?って思い切って。
そしたら、「出来ます!出来ます!」って、あっさり言うから「もっと早く言ってくれ!」みたいな。
ご主人 ー そうそうそうそう(笑)!
奥 様 ー悩んだんですからね!(笑)
申し訳ございません(笑)
そういうお話を伺うと、実際にSさんみたいにお考えになるお客様って多いのかもしれないですね。
奥 様 ーでもこれからは、ホームページで私たちの家が載ればこういう家も出来るんだっていう参考にしてもらえるかもしれないですね!
はい!
ご主人 ー そんな感じで決まりまして、工事中でしたっけ?
わがまま散々聞いてもらったよね。申し訳ないくらい。
奥 様 ーなんだろう。色々あったけどね。わがままいっぱい言わせてもらったし。
工事が始まってからは、コーディネーターなども打合せに出させていただきましたよね。
ご主人 ー コーディネーターの方のセンスは素晴らしいよね。
トイレの壁紙の色だったり、「こんな組合わせはどうなの?」
って持ってきて「これいい!」ってなって。
奥 様 ーこの照明とこういうホルダーを付けたくて、でも壁紙をどうしていいかわからなくて。
普通だと白で良かったんだけど、長澤さんが「一か所一か所違う雰囲気にしたらいいんじゃないの?」って言って「こんなのいいと思う」って教えてくれたのがあの色で、
あんなの思い浮かばないよね。自分達じゃ。
ご主人 ー 俺は全然気にしてなかったから。逆にあんなくすんだ系の色、合うのかなって。
暗くないかなって。壁紙っていうと白のイメージで。
奥 様 ー色々言いにくい事ってあると思うんですけど、長澤さんは率先しておしり叩いてくれたんですよ。「ちゃんと調べてくださいね」みたいに言ってくれたのが、すごく心強いと思った。柱の時も「難しいならもっと調べてみましょう」とか。多分そこで言われなかったら妥協して決めていたかもしれない。
ご主人 ー 出来ないならやめようかってね。
奥 様 ーホント、助かったよね。
インタビュー写真
夫婦間ではどうでしたか?
奥 様 ー夫婦間っていうと?
ぶつかり合ったとか・・・ありましたか?
奥 様 ーなんか家つくる前の方が喧嘩してたよね。
ご主人 ー うん。
そうなんですか?
奥 様 ーなんか、ある意味、同じ負を背負うじゃないけど・・・。
昔はお互いわがままだったし、今でもわがままだけど。
ご主人 ー 家を建てるっていう共通の目的ができたよね。
奥 様 ー協力的にやってたよね。
ご主人 ー うん。楽しかった!
唯一あるとすれば、神棚ですか?
ご主人 ー あぁ、神棚(笑)
奥 様 ーそうだ、忘れてた(笑)
でもこれだとあっても全然違和感ないですよね。
奥 様 ーこれも良かったよね。塗装屋さん神だったしね。かっこいいよね、あの人。
ご主人 ー クマさん。ペンキまみれで、傍から見れば汚いって思う人もいるけど、すごいかっこいい。ダンディ。
職人さんは皆良い人だった。電気屋さんも良い人だったし。
斉藤電設の山田さん。
ご主人 ー 全部わがまま聞いてくれて。
ちなみに、照明とかはどこで見つけてきたんですか?
奥 様 ーひたちなかのポリス。
店舗に無いやつもカタログで見せてくれて、注文もしてくれるし。
(品物を)置いてあるし、注文も出来る?
奥 様 ーそうそう。色々お店の人に相談して、こんな雰囲気がいいって、値段とかいうと、すごいよ。知識が。
雑誌ペラペラめくって。
ご主人 ー 「これ好きそうでしょ?」とか。
奥 様 ー「あの雑誌がいいんじゃない?」とか、店員同志で。提案力もすごくて、わかってくれる。
家具の好きな人のお店だから、ちょっと言えばわかってくれるよね。
インタビュー写真
住んでみてどうですか?
奥 様 ー快適だよね?
ご主人 ー 快適。
奥 様 ー今日だって、すごく暑くないですか?外。
暑いですね。
奥 様 ー友達の家に行って帰ってくると、家の中が涼しいの!
ご主人 ー 帰って来ても何もつけないで。
奥 様 ーさっき掃除してちょっと暑くなったけど
ご主人 ー その前だって、すごく涼しいよね。
奥 様 ーうん。すごいびっくりしちゃった。
寒い日なんかは逆に暖かいの。なんでだろう?
そうなんですか?
ご主人 ー うん。引越してきたのは3月の寒い時期だったんだけど、暖かかったし。
奥 様 ーなんで?何かあるの?って、初めは思いました。
ご主人 ー 夏涼しいなら冬は寒いはずだろうって?
奥 様 ーそう、だってそうじゃない?
保温効果があるので、冷やせば熱の影響を受けにくいのであまり熱は上がらないですし、
暖めると冷気の影響も受けにくいので冷えにくいんですよ。
奥 様 ーすごい、びっくりしたよね。
ご主人 ー そうだね。
奥 様 ー嘘みたいだよね。こんな家持って住んでるなんて。
普通にここに帰ってくるんだから、みんな。
家を建ててみてどうでしたか?
奥 様 ーみんなびっくりする。友達とかが。
ご主人 ー 僕しか働いてないから。
奥 様 ー昔からびっくりされてたんだけど、なんでずっと専業主婦でいられるの?って。
みんな共働きじゃなきゃやっていられないって。感覚の違いなのかな?
ご主人 ー まぁ、いくつか我慢することもでてくるけど。
奥 様 ー毎日お酒飲んでたけど、家を建てたら一週間の半分位はお酒飲まない日を作って
節約していこうね、とかそのぐらいかな?
考えていたより、そんなにキツキツじゃないの。出来ない事ってないんだな、って思った。
お金なければ使わないんだし、でもそこそこ普通だよね?
ご主人 ー うん。やれない事はなかったね。
奥 様 ー自分達普通の会社員じゃん。お金持ちとかじゃなくて普通じゃん。
それで、結婚当初から私が働かずに家が建つってすごいよね。
ご主人 ー 建てられなくないよね。共働きの人だとよけいに。
我慢することはいくつか出てくるけど、思ったよりは厳しくないんだって、そう思う。
奥 様 ー思ったより電気代は安いし、そういう所もあるよね。
ご主人 ー そうだね。
私たちもSさんの家づくりに携われて、こんなに大事に住んでいただいていて、とても感謝しています。
これからも、よろしくお願いします。今日は、本当にありがとうございました。

一覧に戻る

PAGETOP